Osan Air Power Day Pt.4

Combat Search and Rescue

昼休憩のあたりからポツポツと雨が降り始め、午後イチのコンバットレスキューの頃には割と本降りな感じに……

中途半端な薄曇りよりは好きだけど。

ガードナー・ミンシューばりに口髭を蓄えたHH-60s。

固定翼機はF-16とA-10が2機ずつ。

尾翼のデザイン違い。

HH-60が要救護者の元へと駆けつけ、同機から降下したJTACがCASの火力を誘導。

CASにエアカバーにと慌ただしいF-16。

CASを行うA-10。コールサインは”SANDY”(だったと思う)。

フレアマシマシ。

要救護者は無事救出され(←要救護の時点で無事じゃないけど)、最後は4機揃って〆

転がりが近くてよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です