リロングウェ→ンカタベイ

リロングウェで2泊した後は北部のンカタベイに向けて移動。

ンカタベイへは直行便があるようなので、前日にバスターミナルで時間を聞いてみたのだけど、ある男は7時には乗り場に来ておけと言い、もう一人の男は9時頃に来るといいよと言う。

どっちやねん。
f:id:mi28:20160318080532j:plain:w500
そういうわけで間を取って8時に来てみたものの、案の定座席は埋まっておらず車内待機。
f:id:mi28:20160318102713j:plain:w300
結局のところバスが出発したのは10時半というアフリカンスタンダードっぷり。
f:id:mi28:20160318120752j:plain:w500
シートピッチ激狭、シートの布地は破れ放題で中のスポンジがむき出し、雨が降ると窓から雨水がドバドバと入り込んでくる、床やシート側面をゴキブリが駆け回っているというハードコアなバス。

f:id:mi28:20160318093251j:plain:w500
PunctualではないしComfortableでもない。

f:id:mi28:20160318163940j:plain:w500
各地の停留所ではチャリタクシーが待ち構えている。

バスはすっかり暗くなった19時半にンカタベイ到着。

目をつけていたMayoka Villageという宿までは街の中心から少し距離があるので
タクシーで行ってもらい、疲労困憊の中でチェックイン。

ドミ1泊12ドルとマラウィとしては割高感があるけど、スタッフの対応やセキュリティはよさそう。部屋に個人用ロッカーがあるのも◎f:id:mi28:20160319144118j:plain:w500
翌日外を見ると、前日は暗くてよく見えなかったマラウィ湖が目前に広がっていた。
f:id:mi28:20160320102935j:plain:w500
マラウィ湖はマラウィの国土のおよそ2割を占めている世界第9位の湖。
その広大な姿はまるで海のようにも見える。
f:id:mi28:20160320103630j:plain:w500
湖には住血吸虫という寄生虫が生息しているという話だけど、皆お構いなしに泳いでいる。

ちなみに宿の水道やシャワーは湖からの水を使っているようなので、泳がなければ絶対安心というわけでもないらしい。

f:id:mi28:20160319141044j:plain:w500
犬も泳ぐ。
f:id:mi28:20160319145301j:plain:w500
長いこと湖を眺めてボーッとしていたけど、特にこれといってやることもないので街に出てみた。
f:id:mi28:20160319150235j:plain:w500
宿近くのあぜ道からはンカタベイの街が一望できる。
f:id:mi28:20160319150732j:plain:w500
土産物屋。
f:id:mi28:20160319145654j:plain:w500
地元民その1。
f:id:mi28:20160319152048j:plain:w500
半端無く蒸し暑い・・・。
f:id:mi28:20160319151123j:plain:w500
地元民その2。
f:id:mi28:20160319155704j:plain:w500
街の中心部には個人商店や露店が並んでいる。
f:id:mi28:20160319152754j:plain:w500
ビーチに来た。浜辺にはゴミが散乱していてあまり綺麗ではない・・・。
f:id:mi28:20160319152820j:plain:w500
どこからともなくアフリカンミュージックが聞こえてくる。
f:id:mi28:20160319153043j:plain:w500
ボート。
f:id:mi28:20160319152645j:plain:w300
地元民その3。
f:id:mi28:20160319153619j:plain:w500
街では観光客をまったくと言っていいほど見かけなかった。
多分みんな自分達の宿に篭ってリゾート的なのを楽しんでるんだと思う。
f:id:mi28:20160319153956j:plain:w500
ビーチから歩いて5分位の所にあるバックパッカーの定番宿、Big Blue。
Mayoka Villageより安いのだけど、盗難宿との噂も。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です