【台湾】花蓮でサイクリングしてみた

台南で一泊した翌日・日曜日は完全にノープラン。

岡山の空軍軍史館でも行ってから高雄でストリートアート巡りでもしたろうかとか思ってみたりしたけど、結局は早朝の電車に乗ってで台湾東部の花蓮まで5時間かけて移動することに。

朝6時台の電車に乗って、花蓮に到着したのが11時半くらい(うろおぼえ)。

駅前の食堂で腹ごしらえも済ましたので、宿に引きこもってYoutubeでも見るかーと思ってたら(せっかく台湾まで来てそれっすかみたいな)15時まではチェックインできず!

かと言って花蓮の駅周りって以外と暇つぶしできそうなスポットがなさそうな感じ。

花蓮駅前の自転車専門店・捷安特花蓮站

・・・というわけで、消去法的に駅前のレンタルサイクルで自転車を借りてスイス以来のサイクリングを楽しむことに。

自転車は花蓮駅すぐそばの捷安特花蓮站という専門店でレンタル。

フツーの自転車からガチ勢御用達のような自転車まで品揃え豊富。

とりあえずはクロスバイクでいいかーということで2日間借りることに。

レンタル料金は上記の料金表にある通り300台湾ドル/24h。要パスポート。

専門店だけあって自転車の整備状態は良好で、英語も通じるのでおすすめ。

サイクリングルート

はこんな感じ!

花蓮北濱外環道

とりあえず市街を抜けて海岸まで出る。

忘憂亭という展望台から見た太平洋。偉大すぎる……。

グラフィティも充実!!

国立基隆高級海事職業学校の教育演習船・育英二號。

展望台のあたりから花蓮港のあたりまでは綺麗なサイクリングロードが整備されていて走りやすい。ホフマン博士みたいに【コンプラ】キメて走ったら超絶気持ちいだろこれ。

台湾水泥というコンクリートメーカーのプラント。周囲には巨大なコンクリート塊がゴロゴロと転がっていた。

石材関係は花蓮の主要産業の一つらしく、地場の石材・石芸店の事業所も多く見られた。

七星潭海岸風景特定区

しばらく走り続けると花蓮飛行場北端に位置する七星潭海岸にたどり着いた。

海岸のすぐ背後に山が迫る光景が実に花蓮らしい。

日曜ということもあってか、海岸に隣接した広場には多数の屋台も並んでいた。

飛行場の進入灯。

基地から丸見えな上に海岸から憲兵隊が見張ってることがあるらしいのでスポッティングには適さないと思う(知らんけど)。

飛行場のコンクリート壁には台湾文化や花蓮に関係した様々な壁画だったりモザイク画だったりが施されている。

F-16!!

花蓮のオススメ宿・Hualien Station Backpackers

で、駅前まで帰って宿にチェックイン。

Hualien Station Backpackers

駅の目の前という好立地で、エアコン付個室(風呂トイレ共用)にもかかわらず一泊2000円ちょっとという抜群のコストパフォーマンス。おすすめ。

ガーリーな部屋!

全然関係ない上にスペル違いだけど”ガーリーな~”って表現見るたびにトッド・ガーリーのこと思い浮かべるの自分だけじゃないよね……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です