ザンジバル島上陸

f:id:mi28:20160325093521j:plain:w500
ダルエスサラームからザンジバル島へ。
f:id:mi28:20160325093707j:plain:w500
ザンジバル行き高速船。こんなん絶対酔うやろ・・・。
f:id:mi28:20160325112645j:plain:w500
船内はエアコンが効いてて快適ーと思ったら、
満席だったので艦首のパイプ椅子みたいなのに座る羽目に。
f:id:mi28:20160325155542j:plain:w500
船は定刻の9時半を少し遅れて出港。
船酔いに関しては海が穏やかだったことと、
艦首で風に当たりまくっていたこともあって杞憂に終わった。
f:id:mi28:20160325172052j:plain:w500
風で髪型がオールバックになった頃にザンジバルの玄関口、ストーンタウンの港に到着。
所要1時間半ということだったけど30分ほど遅れた。
f:id:mi28:20160325113818j:plain:w500
ダルエスサラーム出港時は特にこれといった手続きをしなかったけど、
ザンジバル入りの際には入国(入島?)カードへの記入が必要となるようだ。
沿ドニみたい。
f:id:mi28:20160325114330j:plain:w500
イミグレもあってパスポートにはスタンプが押される。
ザンジバルには独自の自治政府が存在していることから、あくまで独立した地域というスタンスなんだろうか。
f:id:mi28:20160325123022j:plain:w300
入島審査完了後は定番宿、Flamingo Guest Houseにチェックイン。
少し休んでからストーンタウンの街歩きに出かけることに。
複雑に入り組んだ石造りの街並みは趣がある。
f:id:mi28:20160325123913j:plain:w500
歩いていると地元民が「ジャンボ!」と声をかけてくるので、
ジャンボ鶴田ファンの全日信者かなんかかと思ったけど、どうやらスワヒリ語での挨拶らしい。
f:id:mi28:20160326132528j:plain:w300
油断してると迷う。マジで迷う。
スマホがあってよかった。
f:id:mi28:20160325140720j:plain:w500
かつて奴隷市場があった場所に建てられたアングリカン大聖堂。
f:id:mi28:20160325140533j:plain:w500
f:id:mi28:20160325140442j:plain:w500
大聖堂の隣の建物ではかつての奴隷収容所が公開されいていた。
f:id:mi28:20160325140850j:plain:w500
教会敷地内のモニュメントが負の歴史を示している。
f:id:mi28:20160325132112j:plain:w500
視力測定車とはまたマニアックな車両だな・・・。
f:id:mi28:20160326133727j:plain:w500
オチョシンコ。
f:id:mi28:20160325132437j:plain:w300
ブレイディもいた。
f:id:mi28:20160325145342j:plain:w500
市街地を抜けるとインド洋を望むフォロダニ公園に出た。
f:id:mi28:20160325125526j:plain:w500
公園のすぐそばにはビーチがあった。

砂浜はゴミだらけであんまり綺麗とはいえず・・・。
f:id:mi28:20160325145213j:plain:w500
公園前の道路を挟んで反対側にある驚嘆の家。スルタンの宮殿だったらしい。
f:id:mi28:20160325150503j:plain:w500
隣には昔の要塞跡が残っている。
f:id:mi28:20160325150906j:plain:w500
円形劇場的なのがあった。
f:id:mi28:20160325143800j:plain:w500
街の西側は西洋風の建物が多い。
f:id:mi28:20160325143915j:plain:w500
自転車に乗ってる人の背中に人の顔が現れていたので、一瞬うおおこれ心霊写真じゃんってなったけど、そういうデザインのTシャツだった。
f:id:mi28:20160325160243j:plain:w500
この当たりのビーチは割と綺麗。
f:id:mi28:20160325161237j:plain:w500

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です