ベーブ・ルース博物館とか

前日は時間がなくて訪れることが出来なかったベーブ・ルース博物館へ行ってみた。
f:id:mi28:20151212163600j:plain:w500
球場のスコアボード裏にあるベーブ・ルース像から、
f:id:mi28:20151212162647j:plain
歩道に描かれた白球を追いかけ10分ほど歩くと、
f:id:mi28:20151211161452j:plain:w500
ルースの生家兼博物館に到着。入場料は7ドル。
f:id:mi28:20151212160741j:plain:w500
館内には初出場したした試合のスコアブックから結婚証明書まで、
ルースゆかりの品が多数展示されている。
f:id:mi28:20151212162317j:plain:w500
子供達に囲まれてサインをするルースの写真。
f:id:mi28:20151212162009j:plain:w500
当時のトレカかな。
f:id:mi28:20151212160942j:plain:w300
1934年のMLB日本遠征に参加したルースが帝国ホテル滞在中に着用した浴衣。
f:id:mi28:20151212161238j:plain:w500
1932年ヤンキースvsカブスワールドシリーズでのサインボール。
f:id:mi28:20151212161326j:plain:w300
こちらはそのワールドシリーズのポスター。
f:id:mi28:20151212164306j:plain:w500
一通り館内を見学した後は球場を外周から見学。

f:id:mi28:20151212163853j:plain:w500
球場内でもなにやら見学ツアー?的なイベントが行われていた。
f:id:mi28:20151212164045j:plain
地面には不規則な間隔でボール型のレリーフが埋め込まれているので何かと思ったら、
f:id:mi28:20151212163950j:plain:w500
どうやら場外弾の着弾点のよう。
f:id:mi28:20151212164013j:plain
他球団の選手が放ったものも記録されていた。
f:id:mi28:20151212151748j:plain:w500
オリオールズのマスコット、”The Oriole Bird”。
f:id:mi28:20151212152216j:plain:w500
2012年はディビジョンシリーズで、翌々年の2014年はチャンピオンシップシリーズで惜しくも敗退したオリオールズ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です