飛んでイスタンブール、からのビシュケク

月曜日にオルリー空港よりパリを発って、まずはイスタンブールで乗り継ぎ。
f:id:mi28:20160530195627j:plain:w500
今回は昨年コンヤ-ブカレストで利用して以来のペガサス航空でのフライト。
f:id:mi28:20160531051619j:plain:w500
イスタンブールから約5時間のフライトを経て、キルギスタン共和国の首都ビシュケクに到着。大分日本に近づいた。

運賃はパリ→ビシュケクまで20kgの荷物代込みで125ドルと爆安。

ビシュケクには2軒ほど有名日本人宿があるらしいのだけど、
翌日にはさっさと移動する予定だったので西バスターミナルのすぐ隣にあるApple Hostelへ。
f:id:mi28:20160531143351j:plain:w500
宿でしばらく休んでから市内へと出てみた。
f:id:mi28:20160531122835j:plain:w300
さっそくレーニン像と遭遇しテンションが上がる。
f:id:mi28:20160531122956j:plain:w500
コミュニズム溢れる花壇。
f:id:mi28:20160531131002j:plain:w500
アラ・トー広場。
ソ連建国60周年を記念してつくられた公園らしい。
f:id:mi28:20160531124611j:plain:w500
街は一国の首都とは思えないほど小ぢんまりとしている。
f:id:mi28:20160531123943j:plain:w500
謎オブジェがあちこちに点在している。
f:id:mi28:20160531133859j:plain:w500
駅。
f:id:mi28:20160531134809j:plain:w500
フランス語よりはキリル文字のが読める。
f:id:mi28:20160531140456j:plain:w500
映画館だ。
f:id:mi28:20160531140522j:plain:w500
よく見ると社会主義リアリズム。
f:id:mi28:20160531142235j:plain:w500
レスリングて。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です