アルーシャ

ザンジバル4日目は9時半のフェリーで島を脱出。
f:id:mi28:20160328091154j:plain:w500

f:id:mi28:20160328131233j:plain:w500
ダルエスサラームのフェリーターミナル到着後はダラダラでバスターミナルまで直行、以前も泊まったKibadamo Hotelにチェックイン。

ザンジバルでは毎晩の熱帯夜に苦しめられていたので、ここのエアコン部屋が地上の楽園に思える。

翌日はアルーシャというファンタジーもののヒロインっぽい名前の街に移動。
f:id:mi28:20160329071406j:plain:w500
7時発のバスでアルーシャへ。所要時間は9時間ほど。

バス会社はホテルスタッフおすすめのキリマンジャロ社を選択。f:id:mi28:20160329124219j:plain:w500
途中同社専用と思われるサービスエリアで30分休憩。
f:id:mi28:20160329130258j:plain:w500
停まっているのは同社のバスだけ。
タンザニアに限らずアフリカ諸国のバスターミナルや休憩所では必ずと言っていいほど見かける物売りの姿もここでは一切見られず。
トルコでもこんな感じで○○社専用サービスエリアがあったのを思い出す。
f:id:mi28:20160329130230j:plain:w500
バスの車内。
先進国基準だとまあ至って普通の4列シートだけど、アフリカ基準だとLuxury。
f:id:mi28:20160329125029j:plain:w500
朝から何も食べていなかったのでビュッフェをいただく。7000シリング。
f:id:mi28:20160329170219j:plain:w500
アルーシャにほど近いモシの街からはキリマンジャロが見えた。
アフリカ旅行者はキリマンジャロに登る人が多いみたいだけど、金も時間もかかるのでパス。
f:id:mi28:20160329181718j:plain:w500
到着予定時刻2時間遅れの18時にアルーシャ着。

ナショナルパークへの観光拠点の街とあって、バスを降りた瞬間に待ってましたと言わんばかりに宿やツアー会社の客引きが寄ってくる。

宿のレセプションでもツアー会社のスタッフが待ち構えていて、アジア人が来たぞーとここぞとばかりにツアーを薦めてきたので、勢いにまかせてンゴロンゴロ自然保護区の日帰りツアーを手配。

最初は300ドルを提示されたけど、値引きしてくれと言うとあっさり170ドルまで下がって交渉成立。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です