ンゴロンゴロでサファリ Pt.1

アルーシャ到着翌日はンゴロンゴロ保全地域のツアーに参加するため5時半に起床。
連日の早起きに加えてザンジバルから続く睡眠不足できついきつい。
6時にホテルを出発してツアーメイトと合流、保護地域近くのロッジで朝食を食べた。
f:id:mi28:20160330092549j:plain:w500
ロッジでサファリカー(ランクル)に乗り換え保全地域に出発。
f:id:mi28:20160330100606j:plain:w500
保全地域の入口。
ゲートを抜けるとすぐに動物が観察できるというわけではなく、保全地域内に存在する巨大なクレーターの内部まで降り行く必要がある。
f:id:mi28:20160330104915j:plain:w500
ゲートを通過してしばらく走るとクレーターを一望できる展望台が見えてきた。
f:id:mi28:20160330104400j:plain:w500
空がガスっていてスッキリしない感じ。
f:id:mi28:20160330112546j:plain:w500
いよいよクレーターの入口に向けて出発。
クレーターの外周にはマサイ族の住居が点在している。
f:id:mi28:20160330113118j:plain:w500
マサイの村(多分観光客向け的なアレ)
f:id:mi28:20160330114103j:plain:w500
クレーターへと続く道は崖っぷち。
サファリカーはゆっくりと慎重に進んでいく。
f:id:mi28:20160330115257j:plain:w500
クレーターに降りてしばらく走ると目の前にバファローの群れが現れた。
すげー!アフリカかよ!まあアフリカなんだけど。
f:id:mi28:20160330115632j:plain:w500
イボイノシシ。
f:id:mi28:20160330115729j:plain:w500
バファローの背中をよく見ると小鳥が乗っかっている。
ガイド曰くOxpecker(ウシツツキ)という鳥で、動物に寄ってくる虫やらを食べているのだとか。
f:id:mi28:20160330115437j:plain:w500
バファローズ。
f:id:mi28:20160330115749j:plain:w500
なんかいろいろ。
f:id:mi28:20160330115752j:plain:w500
ヌー。
f:id:mi28:20160330120436j:plain:w500
ジブラ。悪そうなヤツはだいたい友達。
f:id:mi28:20160330120519j:plain:w350
ジブさんのどアップ。
f:id:mi28:20160330121657j:plain:w500
トムソンガゼル。かわいい。
f:id:mi28:20160330120016j:plain:w500
左がグラントガゼルで右がトムソンガゼル(多分)
尻尾の付け根の白い部分の大きさが見分ける時のポイントなんだとか。
f:id:mi28:20160330122621j:plain:w500
アフリカオオノガン。
飛行可能な鳥の中では最重量らしい。
f:id:mi28:20160330124028j:plain:w500
サイがいた。ガイド曰くレア動物。

続く。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です